■消費者金融でも多額の融資で金利が低くなる可能性がある


一本化ローンを利用する場合には、業者を選択する必要があります。

多重債務者の場合には、最も安い一本化ローンの金利で返済したいと思うはずです。

前項でも説明しました通り、銀行は経営基盤がしっかりしており、金利が安い場合もありますが、一本化ローンを利用する敷居は高いので、簡単に利用できるわけではありません。

複数の貸金業者の返済の手続きを毎月することは大変なので、借金の一本化をすればよろしいのですが、金利が高い業者にお願いすることはナンセンスです。

消費者金融業者は、ノンバンクといい、お金を融資するだけの機能があるのみです。

利益の源泉は、融資した金額に対しての金利収入で成り立っているのです。

つまり、多くの借金をしてくれる人を欲しているのです。

しかし、融資をしたからには、毎月の返済をしっかりしてもらわなければなりません。

また、消費者金融業者の金利は、他の業種に比べますと高い場合が多いのです。

おそらく、一本化ローンにする場合の敷居としては、消費者金融系の会社が低いと思われますが、しっかりと返済の条件について理解する必要があると思います。

一本化ローンにすれば、多額の借金をひとつの会社にすればよいので、利用者にとってはとてもありがたいことなのかもしれませんが、貸金業者にとっては、多重債務者の返済能力がなければ、一本化ローンの申込みに応じることはできないのです。

消費者金融業者の金利は、他の業者よりも高いので、一本化ローンにすることにより、多額の融資をすることになり、金利の条件が低くなる可能性もあります。