■過払い請求で返済総額を圧縮し一本化ローンの可能性を高める


過払い請求という言葉を最近よく聞きます。

テレビやラジオなどのコマーシャルなどで、大手の弁護士事務所などが広告をしているのを度々耳にします。

借金に悩んでいる人はいませんか?余分な金利を支払っていませんか?というような文句で訴えていますね。

長い間、キャッシングやカードローンを利用し、返済をしてきた人は、現在の金利の上限よりも多く借金の返済をしてきた可能性が高いというのです。

現在の金利の上限は、利息制限法という法律に従っています。

決して安くはないのですが、18%という上限金利です(少額の借入れは20%、多額の借入れは15%)。

以前は出資法と呼ばれる法律の上限金利でした。

上限金利は、29.2%という高い金利でした。

おおよそ、10%もの金利の差がありますので、出資法の金利を課されて、返済をしてきた人は、過去にさかのぼって利息制限法の上限金利に置き換えて、余分に支払った金利分の返還を受けることができるのです。

一本化ローンを利用すれば、毎月の返済額を減らすことができるのですが、その前に過払い請求の手続きをしますと、返済総額を圧縮することができます。

そうすると、一本化ローンを提供する貸金業者にとっては、融資金額が少なくなりますので、リスクを抱えることもなく、一本化ローンに応じてくれる可能性が高まるはずです。

ですから、過払い請求ができる可能性のある人は、弁護士事務所などに調査をしてもらえばよろしいです。

お願いをするだけならば無料の事務所が多いようです。