■貯蓄を崩すような感覚で借金する人には一本化ローンが有効


借金は、必ず金利とともに返済しなければならないものです。

クレジットカードを利用することも、ある意味では、ショッピングの立て替え払いをしてもらっていることと同様ですので、借金であることに変わりはないのですが、クレジットカードを利用している人の場合多くは、一括払い、もしくはボーナス併用払いなどを選択することになるかと思います。

その場合には、金利を課されることもなく、一括で返済できる能力のある人だと考えられますので、毎月の借金の返済に窮するようなことはないと思います。

しかし、キャッシングやカードローンを利用する人は、日々の生活費はもちろん、急な出費があるような場合に、現金をご自身の力で用意する資金力がないからそのような手段でお金を調達していると言うことになります。

はじめのうちは止むを得ず、仕方なくキャッシングやカードローンを利用するのですが、利用限度額まではいつでもどこでも何度でも利用できてしまいますので、時が経つうちにまるでご自身の貯蓄を取り崩しているような感覚で借金を増やしてしまうのです。

リボ払いだから毎月の返済額は少ないと思っていても、気が付いたら、カーローンの返済なども重なったりして毎月の返済をすることもままならないような状態になってしまうということになってしまいます。

複数の貸金業者からお金を借りていますと、返済日の管理をしなければなりませんし、飛躍的にご自身の収入が上がることはありませんので、出来る限り金利の負担分を少なくする(毎月の返済額を少なくする)ことを考えるはずです。

その際に利用するのが一本化ローンということになるのですが、一本化ローンにしましても、メリットばかりではなく、デメリットがあることを理解しなくてはなりません。

一本化しても結局金利があまり安くならなかったり、一本化による借り換えで過払い金返還のチャンスをなくしてしまうというデメリットがあり、事前の慎重な検討と総合的な判断で防ぐ必要があります。

また、一本化にこだわるあまり、保証人を要求されて他人をまきこんでしまったり、公正証書を作成させられたり、所有不動産を担保に入れられてしまったりなど、それまでよりも状況を悪化させてしまう可能性もあることも忘れてはいけないと思います。

状況を良くするための一本化ローンであり、状況が悪化してしまうような一本化であるなら、借り換えにこだわることなく、司法書士などに任意整理等の法律的な債務整理の方法などについて相談してみることをお勧めします。

を伴うことが多いということです。「おまとめローンを申し込む前に、相談に来てくれていたら良かったのに・・・」と思うこともあります。 もちろん会社によって条件は異なりますので、条件の良いおまとめローンで助かったという例もないわけではないと思いますが、あまり聞いたことがありません。