■一本化ローンの途中で追加の借金を考えることはNG


一本化ローンを利用できるようになりますと、当然、一本化した貸金業者への借金を全て返済することになります。

しかし、完済した貸金業者には、買い入れ枠は残っているはずです。

一本化ローンを利用する時点で、少なくとも毎月の借金の返済に窮しているはずですので、追加で借金を考える人はいないと思いますし、追加で借金をすることなどを考えること自体がおかしなことです。

完済が完了した貸金業者からお金を借りることは不可能ではありませんが、総量規制という借金の規制がありますので、おそらく借入れをすることは難しくなるはずです。

貸金業者により、一本化ローンを利用した後の、借入枠を残しておくのか、それとも即座に借入ができなくするように対処するのかは異なると思うのですが、総量規制にあたる年収の3分の1もの借金をしているような人は、少なくとも新規に貸金業者に申込みをしましても、借金をすることはできなくなります。

一本化ローンを利用する人は、債務整理をしたくないと思い、なんとか毎月の返済額を減らそうと思っているはずです。

一本化ローンで毎月の返済額が減ったので、すぐに散財をしてしまうような人は、借金を返済する能力がないと思っても良いでしょう。

散財をするお金があるならば、極力金利の負担分を少なくするために、なるべく繰り上げ返済をするとよろしいです。

繰り上げ返済をする場合には、その分については、借入れ元本分に充てられるケースも多いようですので、金利の負担分がかなり低くなるのです。