■余程のことがない限りキャッシングやカードローンの利用を避けるべき


一本化ローンの申込みをするということは、複数の貸金業者からお金を借りている人ということです。

住宅ローンや教育ローンなどの利用使途が限られているローンは、金利も安く、ご自身の収入では賄えない場合がありますので、借金をすることは、特に問題ではなく、ほとんどの人は、住宅ローンを利用していると思います。

借金でトラブルが起きやすいのは、キャッシングやカードローンなどのフリーローンを利用することです。

キャッシングやカードローンは、安定した収入があり、勤務先が明確で、過去に金融事故などを起こしていなければ、利用限度額に差はあるものの、ほとんどの人は利用することができます。

フリーローンの場合には、どのような用途でも、いつでも何度でも簡単に借金ができてしまうことになりますので、急に現金が必要になった場合には、とてもありがたい存在だと思います。

しかし、あまりにも簡単に借金ができてしまいますので、最初の内は、計画的にお金を借りて、返済も計画的にする人は多いのですが、キャッシングやカードローンを利用し続けていますと、その利便性ゆえに、ついつい借りすぎてしまうことになってしまうのです。

返済はリボ払いという分割払いができますので、毎月の返済はそれほど難しくないと思う人もありますが、借金が増えれば増えるほど、金利の負担分も大きくなり、毎月の返済すらできなくなってしまうのです。

そして多重債務者になってしまうのです。

ですから、余程のことがない限り、キャッシングやカードローンの利用を避けるべきだと思います。