■審査で借金の返済能力があるかどうかを見極められる


一本化ローンというのは、複数の貸金業者などに債務を抱えている人が、金利の安い貸金業者に複数の貸金業者への借金をまとめて引き受けてもらい、その貸金業者へ返済をしていく方法のことです。

そもそも、一本化ローンを利用しなければならない人というのは、金銭感覚が乏しく、お金に困ったらキャッシングやカードローンを利用すれば良い、車だってカードローンで買えるなどと考えがちな場合が多いと思います。

そのうち借金があるんだという感覚がだんだん麻痺してきて、あちこちから借金を背負うことに慣れてしまうのでしょう。

そのような人の場合、知らない内に借金が雪だるま式に増えてしまい、毎月それぞれの貸金業者への返済をしなければなりませんので、返済の管理をするだけでも大変になってきます。

また、中には金利の高い貸金業者を利用しているケースもありますので、少しでも返済額を少なくするために金利の低いものに置き換えたいと考えることでしょう。

そのような状態を「このままではいけない」と一旦リセットするのが、債務整理であり、また一本化ローンによるローンの一本化です。

どうしても借金返済の目途が立たない人は、債務整理という方法もあるのですが、債務整理をしますと、あらゆる面でのデメリットも考えられます。

そこで一本化ローンを利用すれば、毎月の返済日は決まっていますし、全体として金利が安くなれば返済の総額が少なくなりますので、ぜひ利用したいと考える人が多いと思われます。

しかし、一本化ローンは、誰でも利用できるものではありません。

一本化ローンの場合も当然ながら審査を受ける必要があるのです。

一本化ローンの審査を受ける人は、すでに多くの債務を負っている状態ですので、一本化ローンの審査では、本当に借金を返済できる能力がある人か否かをしっかり見極められることになります。

一本化ローンを引き受ける業者にとっては、借金の踏み倒しなどをされるリスクを抱えることになるからです。

そのリスクを最小限にするためにも、引受業者にとってはきちんとした審査が必要なのは至極当然のことだということです。

さてその審査のポイントですが、

一本化ローンのサービスを受ける大前提として、定職に就いており、安定した収入があることがまず要求されます。

また、勤務先の経営状況や勤務期間などを問われることもあります。

そして、これまでの債務をしっかり返済しているかどうかということも大切な判断要素になります。

そして審査を通るためには何よりも誠意を示すことが重要だと思います。

「一本化ローンがぜひとも必要だ」、「必ず返済する」という誠意をアピールするのです。

書類等の記入も誠実さが大切であり、間違った情報や偽りの情報などはもっての他です。

そして無事審査が通り一本化ローンを利用できるようになったら、それ以上の借入れは絶対に避けなくてはなりません。

新たな借り入れをしてしまうのでは、せっかく一本化ローンで行ったリセットが台無しになってしまいます。

また、一本化ローンにしても返済ができなくなりますと、最終的には、ご自身の財産を失ってしまうような自己破産をしなければならないような状況にもなってしまうのです。

一本化ローンの利用は、それまでの心を入れ替えて生活をリセットするものであることを忘れないようにしなければいけません。

一本化ローンが承認されたことを生活の切り替えの大きなチャンスとして捉え、確実な返済により計画的な生活に立て直していきたいものですね。